フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット > 中尾清恵の「フェリシモ ハッピートイズ」ワークショップ開催レポート

中尾清恵の「フェリシモ ハッピートイズ」ワークショップ開催レポート

みんなのクチュリエ教室みんなのクチュリエ教室・レッスンレポート

Main

「みんなのクチュリエ教室」かぎ針編み講師の中尾清恵です。11月13日(月)に宮崎県の美々津にあるギャラリー「ゆめのかたちぷろじぇくと。」にて、フェリシモハッピートイズ「明るいワンちゃん」のワークショップを開催しました。

ワークショップは小学生13名が参加!

1

ワークショップには、美々津小学校の6年生13名、男子9名と女子4名が参加、2時間という限られた時間で完成させるため、事前に型紙キットをお渡しして、胴体部分だけをそれぞれ製作してもらい、綿を詰めたものを提出してもらいました。手直しが必要かもと思っていましたが、全くそんなこともなく、みんな素敵な仕上がりでした。私講師も事前準備で、手足と頭、尾の各パーツを作成しておきました。

思い入れのある布を使って

2

胴体の布は、子どもたちの思い入れのある布地、着られなくなったTシャツなどを使いました。ボタンも各自お家で用意してもらったので、みんなそれぞれ個性がでています。
いよいよ子どもたちが頭と胴体部分の縫い合わせ作業では、2本どりでぐしぬいにはいるときの注意点を説明します。頭と胴体部分の縫い合わせ作業は、難しいところなのですが、説明をしっかり聞いて、まち針をうって集中して作業。みんな真剣です。

糸の長さ、あってるよねー

3

糸の長さはどれくらいですか? という子どもたちの質問もあったりしながら、少し慣れてきて余裕が出てくると、楽しそうなおしゃべりも聞こえるように♪ 目、リボン、耳などはボンドでつけることにして、作業時間を短縮しました。
縫い合わせたら、子どもたちが「いぬくん」の名まえをそれぞれ考えてタグに記入して完成です! みんな達成感あふれたとってもいい表情でした!

子どもたちの思いのこもった作品が完成

4

今回、このワークショップを開催するにあたり、下準備ということで担任の先生にも頑張っていただき事前準備する時間をとってもらいました。その甲斐あって、当日のワークショップもかなり順調に進み、完成できたことがとっても嬉しく思います。
出来た作品は、12月9日までギャラリーにて展示しておくことになりました。多くの方に見ていただき、優しい気持ちになってもらえたらと思います。ギャラリーの「ゆめのかたちぷろじぇくと。」の館主の畑靖子さんにも当日のワークショップのお手伝いもしていただきました。ありがとうございました。

ふだんはかぎ針編みの講座を開催していますので、興味をお持ちの方は一緒に始めてみませんか。「みんなのクチュリエ教室」中尾清恵の講座への参加をお待ちしています。

特集を見る

この記事に関するキーワード:

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。