フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット >  日本文化を身近に感じられるマルセイユの雑貨屋さん

日本文化を身近に感じられるマルセイユの雑貨屋さん

おとめのフランス日記

170414_01

ボンジュール! おとめです。今年の日本のお花見はいかがだったでしょうか? こちらも暖かくなり、テラスでワインを飲みながらのんびりするプロバンス人にとってうれしい季節がやってきましたよ! そんな季節にぴったりの名前のお店、「Sakura bento」さんを紹介します!

日本ブームで注目のお店

170414_02

日本のかわいいポップな雑貨を取り扱っている、マルセイユでもめずらしいお店。日本語ペラペラでとっても働き者のフランス人の旦那さまと、日本人の奥様で経営されています。この2人に出会ったのは、昨年、日本好きなフランス人が集まる日本イベントに彼らが出店していたから。最近では、漫画をきっかけに若い人たちの日本ブームに火が付き、日本のポップな雑貨やファッション、ミュージックファンもフランスにはたくさんいます。そんな人たちに注目されつつあるお店がこの「Sakura bento」さんなのです。正面の入り口からすでに素敵な食器類が目に飛び込んできます。

お店の一番人気!

170414_03

このお店の一番の人気商品はこちらのミニお花見キットなのだそう。マジックウォーターを紙製の木の枝部分にふりかけるだけで、桜の花が咲いてしまうというもの。しかも、ケースをかぶせておけば1年くらいお花が保てるのだそう!

「bento」ブーム

170414_04

また、フランスにはお弁当文化はありませんが、日本好きのフランス人の間では「bento」という言葉はかなり知られていて、ちょっとした弁当箱ブームもあったそう。そんなお弁当箱用に、日本の生地で作られたハンドメイドのきんちゃく袋も販売しています。

お箸も使います

170414_05

また、お弁当箱を買ったら、お箸も揃えるべき! ということでこんなにたくさんの種類が。おとめがフランスに引っ越してきた当時は、フランス人はお箸は使えないのだと思っていました。でもここ数年、日本食を始めとして、アジア料理を出すレストランも増えたことで、フランス人も普通にお箸で食べているところを良く見かけます。そんな粋なフランス人のためのお箸セレクトなんです。

日本の駄菓子が!

170414_06

とは言え、やはり若い層のお客さんが多いことを配慮して、リーズナブルな価格で買えるカワイイおもちゃ、雑貨類も種類が豊富。また駄菓子屋感覚で、学校帰りの小学生が立ち寄ってスナック菓子を買って行くこともあるそう。まさか、マルセイユでこんな駄菓子屋さんに出会えるとは思ってもみませんでした!

伝統文化の、こけしまで!

170414_07

漫画好きから始まって、日本の文化に興味を持ちました、という人たちのために日本の伝統を感じてもらえるカラフルな折り紙や、なんと、こけし人形まであります。しかも、このこけしたちは、フランス人のこけし職人さんがひとつひとつ手づくりで作っているそう! よく見ると、昔から日本にあるこけしの顔よりポップでかわいい仕上がりになっています。こちらの「Sakura bento」さんでは、ときどきワークショップも行われているようで、おとめもいつかこけしの絵付けに挑戦したいんです!

これから日本を知りたいと思っている人にも

170414_08

すっきりとしていて清潔感のある店内の雰囲気が、まさに日本なんですよね。また、このお店の魅力はオーナー夫妻の暖かいお人柄にもあります。もうすでに日本が好きな人、またこれから日本を知りたいと思っている人、もちろんこちらに住んでいる日本人にも、こんな素敵なお店がマルセイユにできました! と声を大にして言いたいおとめです。日本の文化がこうしてどんどん受け入れられていることも、日本人として誇りに思う今日この頃です。

「Sakura bento」
住所: 97 rue Breteuil, 13006 Marseille France

クチュリエクラブ会員誌『クチュリエの種』でも、「おとめの旅するクチュリエ日記」が人気連載中です!
次回以降も、たまにはこうして逆の立場で、こちらの情報をお伝えしていければなと思います。 ではでは、A bientot (またね)!!

商品詳細へ

この記事に関するキーワード:フランス,おとめ,日本文化

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。