フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット >  清水智子のかぎ針編み講座 2016年11月レッスンレポート

清水智子のかぎ針編み講座 2016年11月レッスンレポート

みんなのクチュリエ教室みんなのクチュリエ教室・レッスンレポート

20160317_01_2

こんにちは♪ 横浜市青葉区で『みんなのクチュリエ教室』を開いている、清水智子です。今回は、3月からお花きんちゃくを編んでいるMさんの、その後をレポートします。

お花モチーフ部分が編めました

161215_02

Mさんは、クチュリエキット「日々に元気をくれる花言葉を身近に感じるかぎ針編みのお花きんちゃくの会」の、 モッコウバラを編み進めています。この写真は、モチーフ6枚を筒状に編みつないだものが、縦に二段重ねになっている状態です。

上から見ると、こんな感じ

161215_03

広げて立たせて、斜め上から見てみました。底の無い状態で、筒型になっているのがわかります。花びらが立体的に表現されていますね。

次は縁編みです

161215_04

モチーフの上部に、白で長編みとネット編みの土台部分を編み、次に黄色で扇型に編んでいきます。

2色のところは……

161215_05

黄色と水色の2色の段は、編んでいない方の糸を編みくるむのがポイント。

底部分は別に編みます

161215_06

中心から、グルグルと編んでいきます。

完成しました!

161215_07

筒状の側面と円形の底を編みつなぎ、水色で編んだ紐を縁編み部分に通して完成です。 このきんちゃくは「大作」ではありませんが、細かい部分をていねいに編んだので、かぎ針編みに慣れたMさんでも結構時間がかかりました。しかしその分、Mさんにとって愛着の持てる作品に仕上がったと思います。

かぎ針編みに興味をお持ちの方は一緒にはじめてみませんか。「みんなのクチュリエ教室」清水智子の講座への参加をお待ちしています。

特集を見る

この記事に関するキーワード:かぎ針編み,レッスンレポート,編み物,初心者

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。