フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット >  マルティナさんと気仙沼のみなさん、毛糸でつながる思い

マルティナさんと気仙沼のみなさん、毛糸でつながる思い

手づくり作家さんめぐり

161007_01

前回、梅村マルティナさんと魔法の毛糸Opal[オパール]との出会いについてご紹介しましたが、連載2回目では気仙沼のみなさんと毛糸でつながる思いのことなど、お話をおうかがいしました。
2011年3月11日に発生した東日本大震災。京都で暮らしていたマルティナさんのもとには、ドイツから帰国を促す声が絶えませんでした。でも、家族と日本に残ると決めた彼女は、「今、私にはなにができるだろう?」と考え続けました。

無心に編んでいる瞬間、つらいことも忘れられる

161007_02

やわらかな毛糸にふれて指を動かしていると、自然と心が落ち着く。そう思ったマルティナさんは、NPOを通じて避難所に、輪針と毛糸と、腹巻帽子のレシピを送りました。ちなみにマルティナさんはインタビュー中も、編んでる方が緊張しないからと、手を動かし続けていました。

編み方レシピは小学生だった息子さんの手書き

161007_03

当初ご主人は、この活動に反対だったそうです。そこで、日本語を書くのが苦手なマルティナさんは、編み方レシピを小学生だった息子さんに頼むことに。誤字脱字も微笑ましい、イラスト入りの手書きのレシピとともに、マルティナさんの思いはいくつかの避難所に届けられました。

気仙沼の避難所のみなさんとつながった思い

161007_04

ある日、気仙沼の避難所から「もっと送ってほしい」という連絡が。毛糸を送り続けるうちに「みなさんに会いたい、一緒に編みたい」と、気仙沼に通いはじめることに。そこで生まれたのが、「しあわせをいっぱいつかみとれるように」という願いを込めた復興のシンボル「小原木(こはらぎ)タコちゃん」でした。

復興のシンボル、小原木タコちゃん

161007_05

「小原木タコちゃん」の原型は、ドイツの子どもたちが三つ編みの練習に使う人形。顔も髪飾りも自由、世界でたったひとつのお友だちが作れるタコちゃん。気仙沼のお母さんたちと一緒に手づくりしたタコちゃんを、マルティナさんが京都の手づくり市で売って復興支援につなげていました。

「しあわせを編む仲間の輪」のはじまり

161007_06

時が経つにつれ、お母さんたちは生活を支える仕事が必要になってきました。そこでマルティナさんは、気仙沼の仲間たちと会社を設立することに。すると糸がつながるように、自然発生的に協力者があらわれ、しあわせの輪がどんどん広がっていったのです。
次回も引き続き、マルティナさんの活動や気仙沼でのエピソードなどをご紹介していきます。

毛糸にふれればみんなしあわせ 魔法の糸Opalで編むソックスと小物の会

続きを読む

この記事に関するキーワード:編み物,毛糸,マルティナ,オパール,靴下,作家

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。