フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット >  空き箱がアンティーク調の小箱に簡単リメイク

空き箱がアンティーク調の小箱に簡単リメイク

こちらクチュリエ編集部

20160916_154741

フランスの伝統布「トワル・ド・ジュイ」。この秋の『Couturier 2016-'17年 秋冬号』では、人気のジュイの布が、使いやすいシール付きクロスとなって新登場。前回、このシール付きクロスを使って、靴箱を利用した簡単リメイクをご紹介しましたが、今回も引き続き、お手軽カルトナージュのアイデアをご紹介します。

お菓子の空き箱がアンティーク調の小箱に変身!

160829_06

お手軽カルトナージュのアイデアをご紹介してくださるのは、「第9回フェリシモ クチュリエ大賞」でクチュリエ大賞を受賞された阿部 久見子さんです。
今回は、小さめのお菓子の箱を使用します。箱の本体とふた部分、別々のボックスにリメイクしていきます。どちらも、ブック形の小物入れにしますが、本体とふたの高さが違うのを生かして、本体はリングボックスに、ふたはフリーの小物入れを作ります。空き箱をどんなふうにアレンジするか、あれこれ考えるのも、リメイクの楽しみのひとつですね。

リングボックスのふた部分を作ります

160829_07

ブック形のふたを作ります。空き箱の底寸法より3辺を5mmほど大きくした厚紙2枚と箱の高さを幅とした厚紙を1枚、用意します。厚紙の長さはそろえます。
左の写真のように、5mmのすき間を開けてシール付きクロスの上に並べます。厚紙の周囲の折りしろを折り、中央につなぎのシール付きクロスを貼り、へらで押さえます。両わきには、結び用のリボンを付けておきます。

箱の内側を仕上げます

160829_08

シール付きクロスを貼った厚紙の上に空き箱を接着し、ふた裏となる部分にも布シールを貼っておきます。
リングを刺し込む部分は、ドミット芯にフェルトを重ねて巻き、接着剤を塗った箱の中に並べて固定したらリングボックスのできあがり。

柄やアレンジの違いで箱づくりはもっと楽しく!

160829_09

厚紙台紙の貼り方にアレンジを加えたり、内側に貼る紙でかなりイメージが変わってきます。どうぞいろいろなアレンジを試してみてくださいね。
次回はさらにユニークなリメイクアイデアをご紹介いたします。お楽しみに!

商品詳細へ

この記事に関するキーワード:トワル・ド・ジュイ,カルトナージュ,フランス

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。