フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット >  かわいくて懐かしい 「リングワーク」の魅力に迫る!

かわいくて懐かしい 「リングワーク」の魅力に迫る!

手づくり作家さんめぐり

160831_01

「リングワーク」という手づくりをご存知ですか? リングワークとは、60年代に刺しゅう作家の久家 道子さんが考案した手芸法。リングにくるくると糸を巻き付けて刺しゅうを刺していくリングワークの魅力を、4回にわたってご紹介します。

はじまりは、刺しゅうの練習用クラフト

160831_02

そもそものはじまりは、刺しゅうの基本ステッチを教えるために久家さんが開発したのがきっかけでした。今回のクチュリエでは、久家さんと、リングワークの魅力に惹かれた雑貨デザイナーの原 優子さんのおふたりがコラボレーション。身に着けるのも楽しみな、懐かしくて新しいアクセサリーキットとしてよみがえりました。

美しい手芸書との出会い

160831_03

原さんが、久家さんのリングワークに出会ったのは、あるギャラリーで手にした一冊の本。表紙に並んだモチーフに「なんて素敵なんだろう!」と夢中になったそうです。さっそく家に帰り、見よう見まねで作ってみた原さん。「これができたら、こんなのもできるよね」とアレンジがどんどん広がっていきました。

久家さんにお会いして、ますますリングワークの虜に

160831_04

その後、ぬいぐるみを教えていた教室で、偶然にも刺しゅうを教えていた久家さんを発見! それがご縁となり共著でリングワークの本を出版することに。「先生のリングワークを広めたい」とお話したら、快く承知してくださったそうです。
原さんが夢中になった「リングワーク」。世代の違うおふたりの作家さんによって、見事よみがえった、クチュリエのリングワークのキットです。

次回は、おふたりのあたたかな交流から生まれた、「小さな宝物 手軽に作れる リングワークの毎日小物の会」の製作秘話についてご紹介していきます。

商品詳細へ

この記事に関するキーワード:作家,刺しゅう,リングワーク

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。