フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット >  こんなにかわいいのに意外なほど簡単なリングワークの製作秘話

こんなにかわいいのに意外なほど簡単なリングワークの製作秘話

手づくり作家さんめぐり

160901_01

前回、刺しゅう作家の久家道子さんが考案した「リングワーク」手づくりの魅力についてお伝えしましたが、そのリングワークと運命的な出会いをはたした、雑貨デザイナーの原 優子さん。久家さん監修のもと、クチュリエコラボが実現した「リングワークの毎日小物の会」ですが、今回は、その製作秘話に迫ります。

はじめての人でも作りやすい、かわいいデザインに

160901_02

クチュリエの「小さな宝物 手軽に作れるリングワークの毎日小物の会」は、久家さんが考案した技法を使い、原さんがモチーフをデザイン。はじめての人でも作りやすいようになっています。糸は扱いやすい毛糸に、モチーフはあたたかみがあって、ひとつでも存在感のあるものに。ちなみに、初回にお届けする「白いお花の紙ゴムと黄色いお花のヘアピン」のデザイン以外はすべて、このキットのためだけの新作デザインです。

キノコが、いつのまにかお人形に!?

160901_03

キットの中で、原さんが特に気に入っているのはお人形のモチーフ。「はじめはキノコだったのですが、お人形に見える! とクチュリエのプランナースタッフの方に言われて、あ、こうしたらなりそう……と、お人形になりました(笑)」。作っているうちに、どんどんアイデアが浮かんできたのだそうです。

コツさえつかめば、あとは簡単!

160901_04

はじめての技法なので、手が慣れるまでは最初は戸惑うかもしれませんが、同じ手法の繰り返しなので、「あ、こういうことね」とコツがわかれば、上手に作れるようになります。「うまくいかなかったら糸をほどいてやり直しても大丈夫。むずかしく考えず楽しんでください!」と原さん。

「リングワーク」は手づくり初心者さんにもぴったりなキットです。次回は、原さんに手づくりの楽しさについておうかがいします。

商品詳細へ

この記事に関するキーワード:作家,刺しゅう,リングワーク

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。