フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット > 春夏の装いにぴったりな手づくりを人気てまり作家さんに伺いました

春夏の装いにぴったりな手づくりを人気てまり作家さんに伺いました

手づくり作家さんめぐり

20160401_01

前回、金沢の加賀てまりとの出会いや小さいてまりを作るようになったきっかけをお話ししてくださった寺島綾子さん。今回は、すでに手づくり好きさんの間で話題になっている「重なる絹糸のみやび ころんとかわいいちいさなてまりの会」についてお話をおうかがいしました。

基本の模様は伝統の「二つ菊」

20160401_02

まず、初回でお届けするのは伝統的な「二つ菊」という模様のデザイン。二つ菊は寺島さんもいちばん初めに作った柄で、比較的作りやすい基本の模様だそうです。「あかつき」というデザイン名の通り、夜明け頃の美しい青と明るい光をイメージした色合いがとても素敵です。

色合せのヒントはお気に入りの絵や布から

20160401_03

寺島さんは作品の色を選ぶとき、好きな絵や「かわいいな」と思った布の色などを参考にされているそう。だから、あまり和風になりすぎない、モダンな印象を受けるのかもしれません。自由で軽やかなデザインは、寺島さんのミニてまりの魅力ですね。

持ち歩いて、身に付けて、みんなに自慢したくなる

20160401_04

「私のミニてまりは、加賀手まりの技法は使っていますが、もっとライトな感覚です。持って歩いて『ね、いいでしょう』と、みんなに見てもらう、そんなイメージです」と笑う寺島さん。小さいと、どこにでも持っていけますよね。
次回では、てまりをきれいに仕上げるコツをお伝えしていきます。

商品詳細へ

この記事に関するキーワード:てまり,作家,寺島綾子

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。