フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット > 人気の「○○○」が、ころんと愛らしい飴玉サイズに!

人気の「○○○」が、ころんと愛らしい飴玉サイズに!

手づくり作家さんめぐり

20160331_01

クチュリエで人気の「てまり」が、小さくかわいく飴玉サイズで作る「重なる絹糸のみやび ころんとかわいいちいさなてまりの会」キットとして新登場。てまり作家の寺島綾子(てらじまあやこ)さんに、てまりとの出会いについておうかがいしました。

金沢で出会った、加賀てまりにひとめぼれ

20160331_02

以前、富山で1年間暮らしていた寺島さんは、近くの金沢で加賀てまりや指ぬきを見てひとめぼれ。クチュリエでもおなじみのてまり作家、小出孝子さんの教室に通い始め、華やかな色遣いや絹糸のツヤ感など、その魅力にどんどん惹かれていったそうです。

てまりの精密さはそのままに、小さく作りたい

20160331_03

寺島さんが、初めて小さなてまりを作ったのは教室で開かれた新年会。小さな手まりでアクセサリーを作る、というお題が出たのがきっかけでした。その後、関東に引っ越してからもてまりを作り続け、手に入る材料だけで作っているうちに、どんどん小さくなっていったそうです。

小さいと収納しやすく、持ち歩けるのが魅力

20160331_04

「小さいと作る時間が短くなります。そして収納がラク。ストラップなどにアレンジできて、持ち歩けるのもいいですよね」と寺島さん。なんと、パチンコ玉くらいまで小さく作って、ピアスにして楽しんでいるそうです。
次回は、クチュリエの「ちいさなてまり」キットで使用している模様やデザインについて、ご紹介していきます。

商品詳細へ

この記事に関するキーワード:てまり,作家,寺島綾子

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。