フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット > てまりをキレイに仕上げるコツはこのふたつ

てまりをキレイに仕上げるコツはこのふたつ

手づくり作家さんめぐり

20160402_01

かわいくて、持ち歩けるのがうれしい、小さなてまり。前回はその模様やデザインについてご紹介しました。今回は、初心者さんでも、きれいに仕上げるとっておきのコツを、寺島さんに教えていただきました。

球体に糸をのせていくイメージで

20160402_02

あまり糸を強く引っ張らないで、球体に糸をのせていくようにかがることが、きれいに仕上げるポイントだそうです。「2本どりでの糸でかがりますが、必ず糸をきれいにそろえて、一針ごとに針の頭で整えてください」と寺島さんにアドバイスをいただきました。このひと手間をやるとやらないでは、結果が違ってくるとのことです。

楽しんで作ることが、いちばん

20160402_03

「とにかく楽しく作ってもらいたい、そして、やるからにはていねいに!」と寺島さん。クチュリエキットでは、必要な材料がセットされているから、届いたらすぐにおうちで作り始めることができます。

やっぱり、ものづくりが好き

20160402_04

小さいころからお裁縫やものづくりが大好きで「家事が許されるなら朝から晩までずっと作っていたい」という寺島さん。時間があれば、つまみ細工にも挑戦してみたいそうです。
手づくりの楽しさがたっぷりつまった、小さなてまりの魅力に、あなたもぜひふれてみてください。

商品詳細へ

この記事に関するキーワード:てまり,作家,寺島綾子

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。