フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット > つまみ細工に込める思いと夢

つまみ細工に込める思いと夢

こちらクチュリエ編集部つまみ細工作家訪問

20150918_01

前回に引き続き、つまみ細工作家の間彦 由江(まひこ よしえ)さんに、つまみ細工についてお話をうかがいました。最終回は、間彦さんがつまみ細工に込める「思いと夢」について語っていただきました。

世界にひろがるつまみ細工の魅力

20150918_02

現在は宇都宮でつまみ細工の教室を開かれている間彦さん。「ひとつできたのがうれしくて、同じ花を40個も作ってしまいました!」という生徒さんの声を聞くと、「つまみ細工の楽しさが伝わった!」ととてもうれしい気持ちになるそうです。なかには、オーストラリアから来られた方もいらっしゃるというから驚きです。つまみ細工の魅力は、世界中に広まっているのですね。

クチュリエ人気キットが生まれるまで

20150918_03

クチュリエの「つまみ細工」キットシリーズのなかでも人気のひとつ「和洋折衷 世界の国花をちりめんで咲かせたつまみ細工の会」では、いろいろな国花を考えながらつまみ細工で再現するのは、苦労もありながらとても楽しい作業だったとおっしゃいます。

つまみ細工の素敵な使い方

20150918_04

お客さまへのアドバイスをお聞きすると、「つまみ細工は、ひとつでもかわいいけれど、ぜひたくさんつなげて衿まわりや帽子のつばにつけたり、カチューシャにつけたりするなど、小さいモチーフをたくさんつなげたときの楽しさも試してみてください」というご提案をいただきました。かごバッグにつけてもモダンでかわいくなりますね。

生活の中にも創作のアイデアが

20150918_05

お花屋さんに行っては、「この花、つまみ細工で作れないかしら」と考え、実現に至ったことも多々あるという間彦さん。今後も、「まだ作ったことのないお花がたくさんあるので、それをつまみ細工で表現してみたい」と、好奇心は尽きないようです。

日常的に楽しめるものとして広めたい

20150918_06

かんざしなど、特別な日の装いに使われることが多いつまみ細工ですが、ブローチやバレッタ、コサージュなど、「和にも洋にも合う普段づかいのアクセサリーとして、より日常的に楽しめるものとして広めたい」という夢も聞かせてくださいました。

手芸初心者さんから上級者さんまで、幅広く楽しむことのできるつまみ細工。この秋あなたもぜひトライしてみませんか。

特集を見る

この記事に関するキーワード:つまみ細工,間彦由江,作家

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。