フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット > つまみ細工の魅力をつまみ細工作家の間彦由江さんにうかがいました。

つまみ細工の魅力をつまみ細工作家の間彦由江さんにうかがいました。

こちらクチュリエ編集部つまみ細工作家訪問

20150917_01

前回の記事に引き続き、つまみ細工作家の間彦 由江(まひこ よしえ)さんに、つまみ細工についてお話をうかがいました。2回目は、つまみ細工の「魅力」をうかがいました。

針も糸もいらない、単純作業のおもしろさ

20150917_02

つまみ細工の魅力は、なんといってもその可憐な美しさ。針も糸も使わず、ただ折って貼っていくだけ、という作業の単純さもお気に入りなのだそう。「四角い布を折って貼る。それだけの繰り返しなのに、いつのまにか手の中には美しい花ができていくんです。その過程がいちばん楽しいんです」と間彦さんはおっしゃられます。

スケッチや図案は用意しない

20150917_03

うっとりしてしまうほどかわいらしく、美しい作品の数々ですが、間彦さんは、いつもデザインを考えるとき、スケッチや図案などは用意しないというから驚きです。まず頭の中に完成品のイメージを浮かべて、そのイメージを再現するように作っていかれるそうです。

インスピレーションで色合わせ

20150917_04

色合わせのセンスが評判の作品は、間彦さんの天性のセンスとインスピレーションによって決められていきます。子どものころからご自身も絵を描くのが好きだったという、間彦さんならではの作り方です。次回は、つまみ細工の作り方のコツをご紹介していきます。

間彦さんに監修いただいた商品をはじめ、切って折ってはるだけの単純作業の繰り返しで、美しい作品が完成する「つまみ細工」。針や糸は一切不要なのでお裁縫苦手さんでもトライできます。レベルにあわせてキットがそろっているので、あなたにぴったりのキットを見つけてください。

特集を見る

この記事に関するキーワード:つまみ細工,間彦由江,作家

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。