フェリシモ >  クチュリエ >  クチュリエ・ポケット > 商品のこだわりウラ話/こぎん刺しの裏の秘密

商品のこだわりウラ話/こぎん刺しの裏の秘密

商品のこだわりウラ話

60_1こんにちは。“ふるる”です。

4月3日に公開したこぎん刺しの裏技に引き続き、ウラ話をもうひとつ。
今日は、こぎん刺しの裏の話です。

私は、初めてこぎん刺しを刺したとき、だんだん出てくる幾何学模様のような模様にうっとりしながら、もうひとつ、裏に出てくる模様にもうっとりしていました。
刺していて気づかれた方も多いはず……。実は、こぎん刺しの裏側にはもうひとつの模様が出てくるんです。

表にこんな図案を刺すと……、
Photo_638
(画像をクリックすると大きな写真が見られます)

裏にはこんな模様が出現!!
Photo_639

こぎん刺しは、布の織り目に沿って、横に横に刺し進んでいきます。糸の渡り方は運針(うんしん)の要領なので、表に糸が出ていないところは、必ず裏に同じ目数分の糸が出ているんですね。そのために、表の図案の反転した模様が裏に出現します。

糸の始末は、玉結びせず、裏の目に数針からめてカットするので、気をつけて始末すれば、裏の反転した模様も美しく仕上げることができますよ。
Photo_644

今回のために、せっかく刺したこぎん刺しを、小さな小さなピンクッションに仕上げてみました。
Photo_642

図案も今回のために考えたオリジナル。チューリップをイメージした図案です。4月3日にお伝えした裏技と、裏に現れる模様を楽しみながら刺してみてくださいね。
Photo_643

この「津軽で生まれた素朴な美しさ こぎん刺しで彩るポーチの会」では、きれいな色の裏布を付けて仕上げるので、ポーチに仕立てたときには見えなくなる裏側ですが、刺すときには、ぜひ裏側に反転して出てくる模様も楽しんでくださいね。

実は、このポーチを企画するとき、刺した裏側も見えるようにしようか……とも考えたのですが、裏に渡る糸が使っているうちにポーチの中で引っかかったりからまったりするかもしれないと、より使いやすいポーチにするために、見せたかった裏側を隠して布を付けることにしたのです。

表も裏も楽しめるこぎん刺し。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事に関するキーワード:

もっと見る

最新情報をこちらでも案内しています。